Qべえが思わずうるうるしてしまった話

本日、ぴあ編集部のSさんと一緒に、
拙著、「東京まんぷく商店街」を置いてくださっている
本屋さん数軒にご挨拶に行ってきました。

Sさんがイラストをていねいに切り貼りして作ってくれた台紙に、
Qべえが自ら手書きしたPOP
(書店で、本の上に針金で取り付けられている紹介文を書いたカード)
を持って、アポなしで突然各店にお伺いしたのですが、
その際の対応は本当にさまざまでした。

一応、今回の本は、柳生九兵衛、初のエッセイ本。
でも、やっぱり、ほとんどの店ではグルメガイドコーナーに
置いてあったんですよねぇ。

そんな中、グルメガイドコーナーにも、エッセイコーナーにも、はたまた
店内中のどこを探しても私の本が見つからなかったのが、
吉祥寺にある、「BOOKSルーエ」さん。

思わず、店内で作業をしていた店員さんにお声をかけたところ、
何と、その方が店長さんでした。

「今度、こういう本を出しましたので、」とご挨拶させていただき、
POPをお渡ししたところ、表紙を見ただけなのに、
「あぁ、この本ですか。これ、吉祥寺も出てますよね」
と言ってくださるではありませんか。(確かに出てます)

さらに、
「それじゃ、さっそくこれ、飾らせてください」
と言って、POPと取り付け用の針金を持ったまま、
なぜか出口に向かって一直線に進んでいく店長さん!

と思ったら、な、なんと、
この「BOOKSルーエ」さん、
出入り口目の前の一番目立つ位置に、
すでに「東京まんぷく商店街」が山積みに。
さっそく、そこに、Qべえ手書きのPOPを取り付けてくださいました。

ほとんど無名なQべえの本を、こんなにいい場所に置いてくださっていたうえ、
その場ですぐに、POPを取り付けてくださった店長さん。
そのうえ、「どんどん売れるといいですね」という温かいお言葉と笑顔まで。

不覚にも、私、うれしさと感激のあまり、思わずうるっと来てしまいました。

吉祥寺の「BOOKSルーエ」の店長さん。
本当に本当にありがとうございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mumuちゃん
2006年03月13日 22:50
ううん、これは確かに素晴らしい店長さんですね。感動するよね。
ボビちゃん
2006年03月19日 03:46
Qべえさん、「東京まんぷく商店街」買いましたよ、みましたよ!!! いゃ~いいですよ、これ。
吉祥寺にいって、あの絶品メンチカツを食べたばっかりで、そしたら「東京まんぷく商店街」の本の中に載ってるじゃありませんか!!!やはり狂いのないQべえ様の味覚☆この本片手にどんどんグルメの旅をしつつ、開拓させていただきたいと思います。楽しいですよ、読んでるだけでも。
まだお手にされてない方、いらっしゃいましたら、是非に。必携の書、ウケアイですよ♪(わたくし回し者ではございません。念の為。)

この記事へのトラックバック